1. ホーム
  2. > 特集
  3. > 未来につながるフェアトレードトリートメント tsuna23

未来につながるフェアトレードトリートメント tsuna23

『Natural Therapy Kakara』のオーナー大山カオルさんに、春のお肌とケアについて伺いました。

春は環境が変化し、心も体もざわざわしますね。お肌の状態はどうでしょうか?
春になると体温も血流もあがり、冬の間は閉じていた毛穴が開き始め、汗や皮脂の分泌が始まります。外界も、埃や塵、花粉など色々なものが舞い始めるので、肌がかぶれやすくなる敏感な時期です。クーネを試してみようかな、という方は、お肌の調子がいい時に使ってみてくださいね。お肌が活性化している時の方が効果を感じられると思います。

クーネ エッセンス ローションの良さはどのようなところでしょうか?
植物エキスがたくさん入っていて、天然由来成分100%、化粧水というより美容液のようです。初めてクーネに出会った時は驚きました。何と贅沢なんでしょう。色々な植物の力が詰まっていますし、特に種のエキスは力があります。種には、葉っぱや根っこ、花や実など命の源が全て詰まってるので、様々な効果が期待できます。お肌の表皮だけではなく、真皮も活性化させてくれるでしょう。
また、米エタノールも素晴らしいと思います。アトピーなど敏感肌の方は、雑菌やカビにも反応します。化粧品に雑菌が入ってさらに荒れてしまうことがありますが、保存料に使われているアルコールの質も重要です。米由来で原料が特定でき、丁寧に造られた良質なエタノールが入っているのは希少で貴重です。
「使ってもらえる人に豊かになってほしい!」という作り手の気持ちが伝わってくる化粧品です。自信を持っておすすめしたいと思います!

化粧水を浸透させるポイントはありますか?
お風呂上がりやお湯での洗顔後はお肌の温度が高くなっているので、化粧水をつけてもすぐに蒸発して乾燥してしまいます。お肌にお水をパタパタっとつけて皮膚の温度を下げてから化粧水をつけると、毛穴が引き締まり、角質層に化粧水が浸透していきます。このひと手間がポイントです!お肌がしっとり落ち着くのを感じられると思います。化粧水を冷蔵庫で冷やしておくのも良いですよ。ぜひお試しください!

『Natural Therapy Kakara』オーナー 大山カオルさん
『Kakara』では、クーネを使ったフェイシャルエステを行っています。精油をブレンドした椿油でオイルトリートメント→オイルorローションパック→クリームで仕上げという贅沢なコース。植物の力強さとやさしさをあわせもつクーネと心地よいタッチで、お肌も心も潤い全身リラックス。「エステを通してクーネを知ったり、世の中のことに意識が向いたり、生き方を考えるきっかけを創ることが、より良い未来につながっていると思います」と大山さん。店名の”kakara”とは、マオリ語で”香り”の意味。植物の香りと共に、人と人、社会、自然、天体、そして未来へのつながりを紡ごうと探求される大山さんのセラピー、ぜひ体験してみてください。

Natural Therapy Kakara
神奈川県相模原市緑区牧野5570 ふじのアートヴィレッジ

(つなぐつながる 2022春 vol.23より)