1. ホーム
  2. > ネパリの活動

ネパリ・バザーロのはじまり since 1992

私たちは、ネパールの子どもたちの教育支援を目的として1991年に活動を開始しました。しかし、子どもたちが学校へ通えない背景には、学校の有無ではなく、その家庭の貧困問題があることに気付きました。貧困改善のために、仕事の機会を創出し経済的な自立を促すことが必要と考え、1992年8月に有限会社ネパリ・バザーロを設立ました。

以来、ネパールのハンディクラフトや食品の企画開発・継続輸入により、ネパールで厳しい生活を余儀なくされている人々の就業の場の拡大を目指し、自立を支援しています。頻繁に生産現場を訪れ、生産者から直接話を聞き、改良箇所を討議したり、企画開発を行うなど顔の見える関係を大切にし、強い信頼関係に基づくパートナーシップを築いてきました。

また、国内の障がいのある方たちなど、立場の弱い人々の仕事づくりにもこだわり、NPO法人ベルダレルネーヨと協働し、生きていける社会の実現に少しでも寄与できればと考えています。

さらに2011年3月11日の東日本大震災以降、被災地支援を続け、ネパールでの経験を活かした長期的取り組みとして、被災地の方々と共に地元の素材を活かした商品の製造販売による地域復興にも取り組んでいます。
2017年には、沖縄の将来に向け新しい産業を興そうと『沖縄カカオプロジェクト』をスタートしました。
誰もが幸せに暮らせる豊かな未来を次世代に引き継げるように、これからも活動を続けていきます。

※「ネパリ・バザーロ」は、フェアトレード事業収益部門を担う「有限会社ネパリ・バザーロ」と、非営利部門(福祉部門)を担う「特定非営利活動団体ベルダレルネーヨ」の総称です。

※国境、民族、宗教を超えて世界がつながり、平和な社会が築かれることを願って名称をエスペラント語からつけました。「ネパリ・バザーロ」は「ネパールの市場」、「ベルダレルネーヨ」は「緑の学び舎」の意味です。

お買い物で未来をつくる

私たちが目指す社会

緑豊かな地球環境を守り、誰もが大切にされ、
幸せに暮らせる社会を次世代の子どもたちに引き継ぐことは、
今を生きる私たち一人ひとりの責任です。

私たちは、必要とされる人々や地域のための仕事づくりを通して
人々の尊厳を守り、自立を支援してきました。

作る人も買う人も、関わる皆が顔の見える関係に立ち返ることは
お互いが尊重し支え合う、共に生きる豊かな社会につながります。

あなたと共に、人が人らしく生きられる未来をつくっていきたいと思います。

大切にしていること

together for the fairer world

生産者は北極星

生産者の未来にとって、より良い選択かどうかを判断基準として活動しています。私たち消費者ではなく、生産者にとって、そして目先のことではなく未来を軸に考えることが、私たちの平和な社会、緑豊かな地球環境を守ることにつながります。

顔が見える関係

頻繁に生産現場を訪れ、生産者から直接話を聞き、討議し、企画開発を行うなど、顔の見える関係を大切にし、強い信頼関係に基づくパートナーシップを築いてきました。顔の見える関係が、安全・安心な暮らしにつながります。

ゆっくり、小さく、続けること
slow small sustainable

良い変化には、長い時間がかかります。消費する側が安さや効率ばかりを求めることによる、大量生産・大量消費・大量廃棄社会を見直し、変えていかなければなりません。
私たちは、環境に負荷をかけない栽培や、手仕事の商品にこだわり、小さな生産者が安心して暮らせるように、継続的な発注を心がけています。小さな生産者と同じ目線で物事を考え、共に歩んでいけるように、私たち自身も身の丈に合った適正規模を守り続けていきます。

ものづくり 仕事づくり 未来づくり

●ハンディクラフト since 1992
「援助より貿易をしてほしい」とあるネパールの女性に言われた一言がきっかけで、ネパールの伝統的な技術や農産物を活かした商品企画・輸入を行う(有)ネパリ・バザーロを設立しました。

●服 since 1992
手編みのセーターの企画・輸入からスタートし、布帛の服作り、布地の開発も行ってきました。服作りは、原材料を育む農家から、紡ぎや織り、染め、編み、縫製など、多くの人の仕事を作ります。収入と技術を得た女性たちには自信や誇りが生まれ、精神的自立にもつながります。

●コーヒー since 1994
ネパールのコーヒーを産業にと0 から村人と取り組み輸出第1号となりました。2000 年に有機証明取得をサポート。今では世界の国へ輸出されています。

●紅茶 since 1999
カンチャンジャンガ紅茶農園と出会い、紅茶、スパイス、ハーブを継続的に取引し、様々な商品企画のアイディアを提供してきました。農園で働く子どもたちに奨学金支援を継続し、未来への希望が生まれています。

●スパイス since 2000
奥地の村々に暮らす、より貧しい農民の収入の機会創出に取り組んでいます。痩せた土地でも育ち、成長の早いスパイス。加工、パッキングを担う町の女性の仕事にもなっています。

●クッキー since 2001
福祉作業所で、ネパールの原料を使い、より付加価値があり売れる商品をと開発しました。就業の機会を得られ自立につながるように商品開発・販売を行っています。

●東北 椿油プロジェクト since 2011
椿油プロジェクト東日本大震災の支援活動で出会った気仙地域に伝わる椿油。食用の生しぼり椿油と、コスメの製造販売により、雇用の機会を創出し、地域復興に取り組んでいます。

≪生しぼり椿油≫
岩手県陸前高田市に開設した「製油工房 椿のみち」で、国産藪椿の実を一つひとつ選別し、中の黄色い実だけを非加熱圧搾した「生しぼり 椿油」を製造・販売しています。

≪クーネ化粧品 ~東北 × Nepal~≫
生しぼり椿油(陸前高田市)を贅沢にしようした自然派化粧品シリーズを開発しました。その他にも、ワカメエキス(宮古市田老)、自根きゅうりのエキス(陸前高田市)、ゆずの種子エキス(大船渡市)、海塩(九戸郡野田村)、米エタノール(奥州市)、ネパールのはちみつなど、作り手の顔が見えて食べても美味しい素材を多く使用しています。「クーネ」とは、エスペラント語で「共に」の意味です。

● 沖縄 カカオプロジェクト since 2015
沖縄に新たな産業を興し、障がいのある方や一般就労が難しい方々に仕事の機会を生み出すことを目指す沖縄カカオプロジェクト。まずは『Bean to Bar』で、南インド産オーガニックカカオ豆を輸入し、沖縄でチョコレートなどのカカオ製品を作ります。さらに目指すのは、沖縄でカカオの木を育てるところからチョコレート製造まで一貫して行う『Tree to Bar』です。また、カカオプロジェクトの売り上げの一部を寄付することによって、福島原発事故による放射能汚染地域に住む子どもたちの保養支援をします。

人づくり 社会づくり 未来づくり

NPO法人ベルダレルネーヨとの協働
有限会社ネパリ・バザーロと協働し、福祉部門を担う「特定非営利活動法人ベルダレルネーヨ」は、国内外のフェアトレード推進事業、女性の自立と子どもの育成支援事業、東日本大震災復興支援に関する事業を通し、支えあい、助け合い、共に生きる社会の実現を目指しています。

活動の詳細はこちらをご覧ください。
NPO法人ベルダレルネーヨ
年間報告書

私にできること

一人ひとりの行動が社会を変えることにつながります。小さなことからはじめませんか?

● お買い物で未来をつくる
商品の価値に納得し、生産者に共感して、気に入った商品を買って頂けましたら幸いです。
通販サイトHome Verdaへ

● ぜひサポート会員に
サポート会費 年間一口¥10,000円(非課税)
準サポート会費 年間  ¥3,000円(非課税)
会費は、「有限会社ネパリ・バザーロ」と協働する「NPO法人ベルダレルネーヨ」の活動に使われます。特定の活動を支えて頂く特定寄付もございます。皆様のご支援に支えられています。
⇒ 申込はこちら
※「年間報告書」で活動の詳細をご報告させて頂いています。

● ボランティア、インターンで参加する
商品の検品やタグ付け、パッキングなど、事務所には様々な作業があります。フェアトレードの現場を体験してみませんか?まずはお気軽にご連絡下さい!
⇒ 問い合わせ

● イベントに参加する
イベントに出店したり、東北の被災地や沖縄を訪ね、生産者と交流して学びを深めたり、ネパリ・バザーロ事務所で開催する「ネパリカフェ&バー」ではテーマに合わせて意見交換をしたり…様々なイベントがあります。ご参加お待ちしています。
⇒ イベントスケジュール

● 一緒に働きませんか?
現在、パート・アルバイトを募集しています。(2019.5.10終了)
私たち、一人ひとりの仕事が、ネパールや東北・沖縄の方々につながっています。熱い想いの仲間と共に、働きませんか?
■ 勤務時間:9:30~17:30(要相談)
■ 勤務日数:週3日以上(要相談)
■ 時給会費:950円(交通費支給/上限あり)
■ 仕事内容:商品の受入れ・検品・梱包・出荷業務/パソコンでの事務作業など
■ 勤務場所:ネパリ・バザーロ事務所(横浜市栄区公田町1019-267)

ご応募お待ちしています!
※社会問題に興味・関心がある方
※働くことが好きな方
※明るく前向きで、コミュニケーションをとるのが得意な方。
少人数で幅広い業務を行っているので、臨機応援に様々な業務を行って頂きます。

■ 応募方法:下記メールに履歴書に写真と志望理由を添えて、お送りください。書類選考の上、面接に進まれる際はご連絡いたします。
応募先: saiyou@nbazaro.co.jp
※取得した個人情報は、採用選考にのみ使用します。

● 学ぶ、伝える
定期的にカタログや年間報告書などを発行し、現地の情報を詳しく掲載しています。また、日々の活動の様子やこれまでの作成した資料もこちらからご覧いただけます。
⇒ カタログ送付希望(無料)
⇒ Facebook
⇒ 活動ブログ
⇒ 年間報告書
⇒ カタログバックナンバー
⇒ ニュースレターバックナンバー
⇒ フェアトレードとは?
⇒ 生産者を訪ねて
⇒ フェアトレードのお店(旧)
⇒ 旧資料(ネパールの女性と子ども)

組織概要

名称 有限会社ネパリ・バザーロ
代表取締役 高橋百合香
取締役 土屋春代、丑久保完二、土屋ひろ
所在地 〒247-0014 横浜市栄区公田町1019-267
TEL 045-891-9939
FAX 045-893-8254
資本金 1000万円
従業員 8名(2019年3月現在)
役員 土屋ひろ(取締役)、土屋春代(会長)、丑久保完二(副会長)
取引銀行 三菱UFJ銀行

沿革

1991年4月
市民団体ベルダレルネーヨ(ネパールに学校を建設する会)を発足

1992年3月
ベルダレルネーヨ(ネパールの女性の自立と子どもの育成支援の会)に名称変更

1992年8月
資本金300万円で、フェアトレード事業のため、有限会社ネパリ・バザーロ設立

1998年2月
神奈川県地球市民かながらプラザに直営店『ショップ ベルダ』をオープン

2002年7月
資本金を1,000万円に増資

2012年10月
岩手県陸前高田市に、地域振興を目指して、製油工房『椿のみち』開所

2014年12月
ベルダレルネーヨ NPO法人格取得

2017年8月
有限会社ネパリ・バザーロ 代表取締役交代 土屋から高橋