1. ホーム
  2. > 特集
  3. > 沖縄カカオプロジェクト tsuna11

沖縄カカオプロジェクト tsuna11

チョコづくり 未来づくり 沖縄産カカオ

プロジェクトをサポートしてくださる「カカオフレンズ」を募集します!

明日のために、無理なく、楽しみながら、できることから始めませんか?

文・土屋春代

沖縄産カカオの夢
チョコレートの原料のカカオは「テオブロマ(神様の食べ物)」と言われ、人々の生活に取り入れられた歴史は古く、飲料として、お菓子として、世界中で愛されてきました。

ネパールや東北で仕事を必要とする人々と農産物を加工し仕事づくりをしてきた経験を活かし、沖縄で新たな産業を興したいと思った時、「チョコレートをつくれたら」「カカオの木はどうだろう?」と思い立ちました。熱帯でなければ育たないと言われるカカオが沖縄で育ったら! 少しでも可能性があると思うと諦めきれず実現したいと突き進んできました。

沖縄での仕事づくりと福島の子どもたちの保養支援
沖縄本島北部の名護市で障がい者の働く場をつくり、農産物を育て加工し沖縄の特産品づくりをしている「ネクストステージ」と「沖縄カカオプロジェクト」を2017年5月に起ち上げました。沖縄での新たな産業となり、障がい者の働く機会がより増えるようにと願って。3・11の東日本大震災以降支援している東北の被災地の中で、これからも益々問題が深刻化すると危惧される福島の子どもたち。その子どもたちの放射能による健康被害を少しでも減らすために民間で運営されている保養施設の一つが沖縄久米島にあります。その保養施設「球美(くみ)の里」の支援も合わせて取り組みたいと思いました。福島県や周辺地域に住み続け、放射能の影響を大人以上に強く受ける子どもたちにとって保養は欠かせません。汚染されていない地域で短期間でも生活し、汚染されていない食品をとり、思いっきり外遊びをすることで免疫機能が改善します。気にかけてくれる人々や動植物と触れ合うことでストレスから解放され精神も安定します。チェルノブイリ原発事故では30年以上経った現在も保養は続けられています。通年で保養を受け入れている球美の里は貴重な施設です。しかし、民間の寄付が主な収入源で、今後、運営が厳しくなることが予想されます。カカオプロジェクトの売上の一部を寄付したいと思います。カカオの苗を名護市と久米島で育てていますが、直ぐには実がなりません。沖縄産カカオでのチョコレートづくりにはまだまだ時間がかかります。その間、待っているだけではなく、カカオを取り寄せて製品づくりをすることにしました。今、仕事を必要としている人のために。支援を必要としている人のために。

つなぐ、つながる、これまでも、これからも

ネパリ・バザーロは長年、ネパールの人々と仕事をしてきました。主にオーガニックの紅茶やコーヒー、スパイスなどの農産物を通してです。その時に出会ってお世話になったインドのオーガニック認証の検査官に相談し、オーガニックカカオを栽培する南インドの農家の方たちをご紹介いただきました。2018年11月8日に初輸入し、チョコレートなどの試作を重ねてきました。そして、今春、発売する製品の中のグラノーラは奥州市のアグリ笹森さんの玄米をベースにしています。

つながる人、みんなが笑顔になる、それを目指してこれからも長い道のりを歩んでいこうと思います。ともに歩んでいただけたら、仲間になっていただけたら、とても有難く、これほど嬉しいことはありません!


≪沖縄カカオプロジェクトは2段階で進めます≫

Step 1 : Bean to Bar
まずは南インドの村からカカオ豆を輸入して、チョコレートをつくります。カカオ豆から板チョコへ!秋カタログで発売予定!!
Step 2 : Tree to Bar
更に目指すのは、カカオの木を育てるところからチョコレートづくりまでの一貫事業です。名護と久米島でカカオの苗を育てています。大事に管理しています。

≪カカオニブができるまで≫
1)収穫
インドのカカオ栽培の様子。カカオは、木の幹や枝に、花が咲き、実がなります。実がなる様子は、夢の森のよう。環境に配慮した農法で栽培されています。
2)発酵・乾燥
カカオの実(カカオポット) の中には、25 ~50 個のカカオ豆と、豆を包む白い綿のようなもの(カカオパルプという)が詰まっています。現地でしか食べられない新鮮なカカオパルプは、甘くてとても美味しいそうです!豆を発酵、乾燥させて、日本に出荷します。
3)輸入(空輸)
2018 年11 月8日、インドのカカオ豆を初輸入!感動です!2019 年2月のカカオ製品新発売に向けて、本格的な製品作りが始動しました。
4)選別
インドから届いたカカオを、沖縄へ。社会福祉法人名護学院「かふう」の皆さんが、良い豆と不良豆を見分けて選別。品質管理の重要な役割を担って頂いています。
5)ロースト
「ネクストステージ」に施設外就労として働きにきている社会福祉法人名護学院「ゆいとぴあ」の皆さんが、カカオ豆をローストします。
カカオの風味は、ローストによって左右されます。時間と温度を管理して、豆の特徴を最大限に引き出します。香ばしく、美味しそうな香りが漂ってきます。
6)砕いて再選別
機械で胚芽と皮を取り除き、砕いたものを、人の目と手で再選別。商品となるカカオニブが完成します。

≪沖縄カカオプロジェクトをサポートしてくださるカカオフレンズ募集!≫

カカオフレンズになってく下さった方には、カカオ製品をギフトボックスに詰め合わせてお届けします!プレゼントにも最適です。
●プロジェクトの目的
・沖縄の新たな産業づくり
・障がい者や一般就労の困難な方々の仕事づくり
・福島原発事故による放射能汚染地域に住む子どもたちの保養支援
●なぜ、カカオフレンズを募集するの?
・チョコレートやカカオ製品の製造量と製造できる期間が限られているため、予約を中心に販売することで作業する方たちが無理なく安定したペースで仕事ができ、製品を購入してくださる方には確実にお届けすることができます。
・沖縄にカカオ栽培を拡げ、新たな産業を築き、福島の子どもたちの保養を支える。
・信頼できる仲間と夢を育み、楽しみながら応援できます。
●募集期間
2020年3月末まで( 1,500口に達したら締め切ります)
●募集口数
1,500 口(1口1万円 一人何口でも応募可能 *消費税、梱包手数料、国内送料含む)
●カカオ製品詰め合わせの内容
・チョコレート 4枚(マイルド:カカオ70%、ビター:カカオ80%、コーヒー、スパイス)
・球美チョコ 1枚(マイルド)※「球美の里」への寄付500 円含む
・玄米グラノーラ 1袋
・カカオニブ 1袋
・スイートカカオニブパウダー 1袋
●お届け期間
2019年10月から翌春にかけて、順次お届けいたします(時期は選べません)。
●お申し込みはこちらから
(つなぐつながる 2019春 vol.11より)